[AS3]埋め込みフォントの盲点

埋め込みフォントの外部ファイル化の仕方。

フォントを埋め込んだswf
・ライブラリで右クリック
・新しいフォント
・名前をアルファベットで入力
・フォントを選択してok押下
・ライブラリに出来た「A」を右クリックしてリンケージを選択
・「ActionScriptに書き出し」「最初のフレームに書き出し」をチェック
・クラス名、基本クラスはデフォのままok押下
・パブリッシュ

外部埋め込みフォントを使うswf
・上述したswfをloaderでload
・読み込むときのコード↓。

var urlRequest:URLRequest=new URLRequest(url);
var loaderContext:LoaderContext=new LoaderContext();
loaderContext.applicationDomain=ApplicationDomain.currentDomain;
target_loader.load(urlRequest, loaderContext);

・ロードが終わったら今度は↓のコード実行してフォント名を取得

var class_name="フォントシンボルのリンケージ";
var loadedFont:Font = new Font();
var LoadFontClass:Class=ApplicationDomain.currentDomain.getDefinition(class_name) as Class;
Font.registerFont(LoadFontClass);
loadedFont = new LoadFontClass();
font_name=loadedFont.fontName;

・フォント名が取得できたら任意のテキストフィールドに適応させる

var tex:TextField=テキストフィールド;
var texf=tex.getTextFormat();
texf.font=font_name;
tex.setTextFormat(texf);
tex.embedFonts=true;
tex.antiAliasType=AntiAliasType.NORMAL;

以上の処理で外部埋め込みフォントを使用できる。
しかしさっき特定の文字しか表示されないという問題が起こってしまいました。
色々調べたらどうやらloadするswfに外部のフォントと同じフォントを埋め込んでおくと
外部のフォントが適応されないらしい。言ってる意味がわかるだろうか。。。

埋め込むフォント:ヒラギノ角ゴ
font.swf :フォントを埋め込んだ外部ファイル
main.swf :font.swfをロードするファイル
とするとmain.swfにヒラギノ角ゴのフォントを一文字でも埋め込んでおくと
main.swfに埋め込んだ文字しか表示されなくなるということみたいです。
こんなことで2時間ちかく使ってしまった。

追記
同じフォントの静止テキストも無いほうが良いようです。

[AIR]基本メモ

AIR基本的メモ

Adobe AIR HTML 開発者用リファレンスガイド
http://help.adobe.com/ja_JP/AIR/1.1/jslr/index.html

アプリケーションを終了する

NativeApplication.nativeApplication.exit();

ウィンドウが全て閉じられたら自動でアプリケーションを終了する

NativeApplication.nativeApplication.autoExit=true;

ウィンドウをドラッグする

var me:NativeWindow=stage.nativeWindow;
me.startMove();

新しいウィンドウを作成する

var news_win:NativeWindow=get_newwindow("none", true, false, false, false);
function get_newwindow(str:String, trans:Boolean=true, resize:Boolean=false, max:Boolean=false, min:Boolean=false):NativeWindow{
	return new NativeWindow(get_winoptions(str, (str=="standard")?false:trans, resize, max, min));
}
function get_winoptions(str:String, trans:Boolean=true, resize:Boolean=false, max:Boolean=false, min:Boolean=false):NativeWindowInitOptions{
	var options:NativeWindowInitOptions=new NativeWindowInitOptions;
	options.systemChrome=str;
	options.transparent=trans;
	options.resizable=resize;
	options.maximizable=max;
	options.minimizable=min;
	return options;
}

ファイルのドロップを受け付ける

bg_mc.addEventListener(NativeDragEvent.NATIVE_DRAG_ENTER, when_drag_enter);
bg_mc.addEventListener(NativeDragEvent.NATIVE_DRAG_DROP, when_drop_item);
function when_drag_enter(e:NativeDragEvent=null):void{
	NativeDragManager.acceptDragDrop(bg_mc);
}
function when_drop_item(e:NativeDragEvent=null):void{
	var str=e.clipboard.formats;
	var filelist:Array=e.clipboard.getData(ClipboardFormats.FILE_LIST_FORMAT) as Array;
	//filelistにドロップされたFileの配列が格納される
}

ファイルを保存するとき//文字列の場合

var docsDir:File;
if(save_dir!=""){
	try{
		docsDir=new File(save_dir);
	}catch(e){
		docsDir=File.desktopDirectory;
	}
}else{
	docsDir=File.desktopDirectory;
}
try{
	docsDir.browseForSave("(・∀・)ノ< 保存するよ!");
	docsDir.addEventListener(Event.SELECT, execute_saveData);
}catch(error){
	trace("Failed:", "(´・ω・`)失敗したです");
}
function execute_saveData(e):void{
	//文字列の場合
	var str:String="保存する文字列";
	var stream:FileStream=new FileStream();
	stream.open(newFile, FileMode.WRITE);
	stream.writeUTFBytes(str);
	stream.close();
}

アップデートするとき

var air_filename:String="AIRファイル名";
var latest_version:String="新しいAIRアプリのバージョン";//今のが1.0なら1.1とか
var update_filepath:String="AIRファイルパス";
var urlReq:URLRequest = new URLRequest(update_filepath);
fileData= new ByteArray();
urlStream.addEventListener(Event.COMPLETE, loaded);
urlStream.load(urlReq);
function loaded(event:Event):void{
	urlStream.readBytes(fileData, 0, urlStream.bytesAvailable);
	writeAirFile();
}
function writeAirFile():void{
	var file:File=File.desktopDirectory.resolvePath(air_filename);
	update_airfile=file;
	var fileStream:FileStream = new FileStream();
	fileStream.addEventListener(Event.CLOSE, fileClosed);
	fileStream.openAsync(file, FileMode.WRITE);
	fileStream.writeBytes(fileData, 0, fileData.length);
	fileStream.close();
}
function fileClosed(event:Event):void{
	var updater:Updater=new Updater();
	updater.update(update_airfile, latest_version);
}

[アルファマスク]

アルファマスクの新発見
アルファマスクをかけるとき、ブレンドを使ってマスクを「消去」、その親mcを「レイヤー」にしてやっていましたが
この方法だと親mcにマスクをかけたり、親mcを対象にbitmap.drawするとマスクが見えてしまうことになります。
そこで調べていたらもの凄く簡単な解決方法があったのでメモ。

target_mc:マスクをかけられるmc
mask_mc:マスクmc

target_mc.cacheAsBitmap=true;
mask_mc.cacheAsBitmap=true;
target_mc.mask=mask_mc;

いやー灯台もと暗しでした。

[Papervision3D]壁2

Papervision3Dで壁2。
壁をクリックで動きます。
左上のカメラマークをドラッグで視点変更できます。
右上のボタンでワイヤフレームを切り替えられます。

スクリーンショット1

壁2

[Papervision3D]BitmapMaterialで一瞬カッ!てなる→解明

BitmapMaterial.asの135行目あたりのgraphics.beginBtimapFillメソッドの
手前に下記のコードを追加すれば回避できます。
テクスチャがおかしくなるときはlimitの値を大きくしてください。
これを使ってcharaがスムーズに動くようになりました。

chara(下記コードを適応したもの)
chara(下記コードを適応していないもの)

var limit:int=18000;
if(Math.abs(_localMatrix.tx)>limit)_localMatrix.tx=limit*((_localMatrix.tx==0)?0:((_localMatrix.tx>0)?1:-1));
if(Math.abs(_localMatrix.ty)>limit)_localMatrix.ty=limit*((_localMatrix.ty==0)?0:((_localMatrix.ty>0)?1:-1));