[ジョン・ロー]

ジョン・ローの貨幣理論は、先古典派経済学の時代の重商主義が全盛を迎えたフランス経済にパラドックスともいえる理論を提示した。王立銀行券の問題は、確かに全国土の貨幣制度を紙幣にする試みであり、ある種’visionnaires:夢想家’と思われても仕方がない。18世紀に入り、彼は独自の先駆的な貨幣理論を持ち歩いたが、いずれにしても失敗に終わっている。もっとも彼の持つ貨幣理論には現実的な側面があった。それは、兌換可能である貨幣がもつ、貨幣価値の保存において、貨幣鋳造に関連する不確実性によって多大な損失を被る可能性がある。このときリスクにバランスを保つということを考えた。 ローは、自らの貨幣理論を遂行するに当たって、金融政策のセオリーを採用している。すなわち、対外経常収支に関する禁止事項を作成し、’devaluation:平価切下げ’などの貨幣の敷居を高くする政策を採る。そして銀行の仲介業務を通じた信用を確保し、紙幣が物価を保証するというものである。だが、彼は大衆を良く理解しており、貨幣理論の持つ特徴である労働価値、安定性、無限時間といった性質を熟知し、’logic au profit d’Etat:国家の利益のロジック’を用いて自らの政策を説明している。 フランス政府の公債整理計画は、パニックを利用した計画性のある貨幣政策であるが、1926年の時(ルール問題に関連するフランス国内のインフレ)のように、その一貫性がしばしば仇になった。ローは、金銀正貨が経済力を示す世界において、国内の影響を考えながら、「アンチジョンロー」を順化させる方針を採ったのである。一般銀行の王立銀行への組み入れはその第一歩であった。しかし、結局、ジョン・ローはバブルという事態には対応できなかったのである。
(Wikipediaより抜粋)
(ジョン・ロー)

[IOError]

Flashからファイルをロードするときパスが間違っていたりファイルが無かったときの処理の仕方。
よく忘れるのでメモ

var ns = new Namespace(url);
var xmlLoader = new URLLoader();
xmlLoader.dataFormat = URLLoaderDataFormat.TEXT;
xmlLoader.addEventListener(Event.COMPLETE, func);
xmlLoader.addEventListener(IOErrorEvent.IO_ERROR, func2);
xmlLoader.load(new URLRequest(url));

[Flash+PHP]データをサーバへ送るには

FlashからPHPへデータを送って返事をもらうという処理をするとき、
いつもコードを忘れてしまうのでメモ

Flash側
var variables=new URLVariables();
variables.step="送るデータ";

var urlreq=new URLRequest(php_path);
urlreq.method=URLRequestMethod.POST;
urlreq.data=variables;

var urlloader=new URLLoader(urlreq);
urlloader.dataFormat=URLLoaderDataFormat.VARIABLES;
urlloader.addEventListener(Event.COMPLETE, get_data_complete);
urlloader.load(urlreq);

function get_data_complete(e){
	var vars=new URLVariables(e.target.data);
	var str=vars["returndata"].toString();
	trace(str);
}
PHP側  パーミッションの設定を忘れずに
<?php
$step = $_POST['step'];
$ss="データ受け取りました";
echo "returndata=".$ss;
?>

[Flash+js+CSS]swfのサイズをダイナミックに変更する

swfを貼り付けるときにサイズを指定しますが、
そのサイズをダイナミックに変更することに挑戦したら出来ました。
下記コードでFlashからjsをたたけば実行できます。
サンプルページ  サンプルページ2

html
<body bgcolor="#ffffff" onload="init_swfsize()">
<div id='flashcontent'></div>
<script type="text/javascript">
<!--
var installedVer=deconcept.SWFObjectUtil.getPlayerVersion();
var requiredver=9;
var requiredver2=45;
if(installedVer['major'] >=requiredver && installedVer['rev'] >=requiredver2
	|| installedVer['major'] >requiredver){
	var so = new SWFObject("swf/main.swf", "swf0", "100%", "100%", "9.0.45", "#000000");
	so.addParam("allowScriptAccess", "sameDomain");
	so.addParam("base", "swf/");
	so.write("flashcontent");
}else{
	//プラグインバージョンが低いときの処理
}
// -->
Javascript
function init_swfsize(){
	target_content=document.getElementById("flashcontent");
}
function set_swfsize_w(target_size){
	target_content.style.width=target_size;
}
function set_swfsize_h(target_size){
	target_content.style.height=target_size;
}
function set_swfsize(target_w, target_h){
	target_content.style.width=target_w;
	target_content.style.height=target_h;
}
CSS
#flashcontent{
	width:400px;
	height:400px;
}

[扇風機の都市伝説]

扇風機の都市伝説(せんぷうきのとしでんせつ、Fan Death)とは、密閉された空間で扇風機をつけたまま眠ると窒息や低体温症などで死亡するという都市伝説。韓国では広く信じられており、日本でも古くから「扇風機をつけたまま寝ると死ぬ」という類似した話がある。

扇風機による死亡説の支持理由として、「汗をかき、扇風機の風によって盛んに蒸発が起きることで体温が奪われ低体温症に至るまたは体内の水分を奪われるため脱水症状に陥り血液がドロドロになって脳梗塞や心筋梗塞を起こす」というものがあげられている。また実例として韓国の新聞記事を引用するものがある。

一見すると科学的・論理的な説明であるが、実際には通風や空調が人体にもたらす影響についての医学面からの研究例は少なく体表温にわずかな低下をもたらすことや、風の強さが快適感に影響をあたえるといった程度のことしか分かっていない。
もともと過労状態であったり、老齢・病弱などの身体的な素因があったうえで、長時間扇風機やエアコンの風を受ける事で体温調節がうまく機能せず、結果として心臓マヒなどの症状がおこる可能性がある。この場合因果関係の従属性として「扇風機に当たったまま寝ると死ぬ」確率があるが、全称命題として「すべてのヒトは扇風機に当たったまま寝ると死ぬ」とするのは早まった一般化による誤謬である。

(Wikipediaより抜粋)
(扇風機の都市伝説)

[禅]

全ての人が例外なく自分自身の内面に本来そなえている仏性を再発見するために、坐禅と呼ぶ禅定の修行を継続するなかで、仏教的真理に直に接する体験を経ることを手段とし、その経験に基づいて新たな価値観を開拓することを目指す。そうして得た悟りから連想される智慧を以て生滅の因縁を明らかにし、次いで因縁を滅ぼして苦しみの六道を解脱して涅槃に至り、その後に一切の衆生を導くことを目的とする。そのため師家が修行者に面と向かって臨機応変に指導する以外には、言葉を使わずに直に本性を指し示す道であるとされる。

主な修行形態として坐禅を採用するのは、達磨大師が坐禅の法を伝えたとする以外にも、古来より多くの諸仏が坐禅によって悟りを開いてきたからであるとされる。最近は、坐禅によってセロトニン神経が活性化され鍛えられることや、通常とは異なる独特なアルファ波が発生することが、精神的安定や心身の健康の一因であるという生理学教授もいる。ただし、自分も根本的には仏祖と同一であるという境地に到達した者には、一切の行動にことごとく仏道が含まれているという価値観が生じるため、坐禅に限らず念仏や読経も行うようになる。

禅宗においては、そもそも禅宗とはなにかといったメタな問いかけを嫌う傾向にある。そのような疑問の答えは、坐禅修行によって得た悟りを通して各々が自覚する事が最上であるとされ、もし人からこういうものだと教わりうる性質のものであるならば、それは既に意識が自身の内奥ではなく外へ向かっているため、内面の本性に立ち返るという禅宗の本意に反するとされるからである。もう一つの理由として、概念の固定化や分別を、わがままな解釈に基づく「とらわれ」「妄想」であるとして避けるためであり、坐禅修行によってとらわれを離れた自由な境地に達してのちに、そこから改めて分別することをとらわれなき分別として奨励するからである。

文字や言葉で教えることを避けて坐禅を勧める理由として、世尊拈華、迦葉微笑における以心伝心の故事を深く信奉しているという以外にも、自分の内奥が仏であることを忘れて経典や他人の中に仏を捜しまわることがかえって仏道成就の妨げになるからであると説く。沢庵和尚がたとえて言うには、「水のことを説明しても実際には濡れないし、火をうまく説明しても実際には熱くならない。本当の水、本物の火に直に触ってみなければはっきりと悟ることができないのと同様。食べ物を説明しても空腹がなおらないのと同様」で、実際に自身の内なる仏に覚醒する体験の重要性を説明し、その体験は言葉や文字を理解することでは得られない次元にあると説き、その次元には坐禅によって禅定の境地を高めていくことで到達できるとする。

(Wikipediaより抜粋)
()

[Flashからjpg]

Flash上のBitmapで画像を生成してjpgで保存すること。AS2時代に一度作ったのですが
処理が重くて実用するのは難しいなぁと思っていました。しかし最近ふと思い出して
AS3でつくったら出来ました。
スクリーンショット1
flash2jpg

JPGEncoder.asがいります。
SVNリポジトリ:http://as3corelib.googlecode.com/svn/

function save_jpg(bmd){
	var jpg_enc=new JPGEncoder(50);
	var byte_array=jpg_enc.encode(bmd);
	url_request=new url_request(phpPath);
	url_loader=new url_loader();
	url_request.contentType="application/octet-stream";
	url_request.method=URLRequestMethod.POST;
	url_request.data=byte_array;
	url_loader.load(url_request);
	url_loader.addEventListener(Event.COMPLETE,when_save_done);
}
function when_save_done(e){
	file_name=url_loader.data;
	tex_in.text=file_name;
}

PHP側はこう

<?php
$t=time()+72000;
$fileName=date("Ymd")."_".date("His")."_".$t.".jpg";
$fp = fopen("../image/".$fileName, 'wb');
fwrite($fp, $GLOBALS['HTTP_RAW_POST_DATA']);
fclose($fp);
print $fileName;
?>

[APE]

APE (Actionscript Physics Engine)
公式サイトより和訳
FlashおよびFlex用のフリーでオープンでAS3の物理エンジンです。APEはMIT LicenseでAlec Cove氏が作ったものです。
APE

[TextField]リンククリック→関数実行

TextField.htmlTextにhtmlを入れてやればhtml表現ができます。
「href」でハイパーリンクを設定することが可能です。そしてハイパーリンクをクリックしたときに
関数を実行できることを知ったのでメモ サンプルページ

tex_in : テキストフィールドインスタンス名
tex_in.htmlText="<a href="event:">クリックすると関数実行</a>";
tex_in.addEventListener(TextEvent.LINK, when_text_release);
function when_text_release(e){
	trace("(・∀・∀・)あ、いま押した?");
}