扇風機の都市伝説(せんぷうきのとしでんせつ、Fan Death)とは、密閉された空間で扇風機をつけたまま眠ると窒息や低体温症などで死亡するという都市伝説。韓国では広く信じられており、日本でも古くから「扇風機をつけたまま寝ると死ぬ」という類似した話がある。

扇風機による死亡説の支持理由として、「汗をかき、扇風機の風によって盛んに蒸発が起きることで体温が奪われ低体温症に至るまたは体内の水分を奪われるため脱水症状に陥り血液がドロドロになって脳梗塞や心筋梗塞を起こす」というものがあげられている。また実例として韓国の新聞記事を引用するものがある。

一見すると科学的・論理的な説明であるが、実際には通風や空調が人体にもたらす影響についての医学面からの研究例は少なく体表温にわずかな低下をもたらすことや、風の強さが快適感に影響をあたえるといった程度のことしか分かっていない。
もともと過労状態であったり、老齢・病弱などの身体的な素因があったうえで、長時間扇風機やエアコンの風を受ける事で体温調節がうまく機能せず、結果として心臓マヒなどの症状がおこる可能性がある。この場合因果関係の従属性として「扇風機に当たったまま寝ると死ぬ」確率があるが、全称命題として「すべてのヒトは扇風機に当たったまま寝ると死ぬ」とするのは早まった一般化による誤謬である。

(Wikipediaより抜粋)
(扇風機の都市伝説)