[javascript]xmlをjsオブジェクトへ変換

jsでxmlを扱うのが面倒なのでオブジェクトに変換していつも処理してます。
下記のコードで大体問題無いです。
サンプル
 

//使う時
loadxml2json("xml/data.xml", when_get_data);

function when_get_data(data){
	alert(data);
}

function loadxml2json(file, finish_func){
	var x=null;
	if(window.XMLHttpRequest){
		x=new XMLHttpRequest();
	}else{
		try{
			x=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP");
		}catch(e){
			try{
				x=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");
			}catch(e){
				x=null;
			}
		}
	}
	if(!x)return;
	x.open("GET", file ,true);
	x.onreadystatechange=function(){
		if(x.readyState==4&&x.status==200){
			var m=parsexml2json(x);
			finish_func(m);
		}
	}
	x.send(null);
}
function parsexml2json(x){
	var m;
	if(!x)return;
	if(x.responseXML){
		m=x.responseXML.documentElement;
	}else{
		m=x.documentElement;
	}
	var n={};
	n[m.nodeName]=parsenode(m);
	return n;
}
function parsenode(m){
	var a;
	var b;
	var c;
	var n={};
	if(m.nodeType==7)return;
	if(m.attributes && m.attributes.length){
		for (a=0;a<m.attributes.length;a++){
			b=m.attributes[a].nodeName;
			if(typeof(b)!="string")continue;
			n[b]=m.attributes[a].nodeValue;
		}
	}

	if(m.childNodes&&m.childNodes.length){
		for(a=0;a<m.childNodes.length;a++){
			b=m.childNodes[a].nodeName;
			if(m.childNodes[a].nodeType==3||m.childNodes[a].nodeType==4){
				e=m.childNodes[a].nodeValue;
				if(e=="" || e=="\n")continue;
				n["#text"]=e;
				continue;
			}
			if(!n[b])n[b]=[];
			c=parsenode(m.childNodes[a]);
			n[b].push(c);
		}
	}
	return n;
}

[javascript]Google Maps ルート検索

Google Maps ルート検索を使おうと思い、サンプルを作りました。
 
Google Maps ルート検索

 
Google Maps本家とAPIで出来ることに違いがあるようです。
APIでは
・電車を使うルート検索が出来ない
・電車が使えないので出発時間、到着時間の指定が出来ない
 
WindowsXPの下記のブラウザで動作を確認しました。
Firefox3.6.3
GoogleChrome8.0.552.224
Safari5.0
IE8
 
参考にしたサイト

Google Code – Google Maps JavaScript API V3
http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/documentation/javascript/

[javascript]Google URL Shortener API

Googleの短縮URL「goo.gl」がAPIの提供を開始http://blog.fkoji.com/2011/01110730.html
したらしいので早速いじってみました。
 

 
あらかじめ下記サイトでAPIキーを取得しておきましょう。
URL Shortener APIのActivateボタンを押して表示されたURLのkeyの値がAPIキーです。
http://code.google.com/apis/console/
APIキーを取得したらあとはごりごり書くだけ。
 
PHP

< ?php
$apikey='APIキー';
$url="https://www.googleapis.com/urlshortener/v1/url" . '?key=' . $apikey;
$longurl=$_GET["longUrl"];
$shorturl=$_GET["shortUrl"];

if($longurl){
	$request='{"longUrl": "' . $longurl . '"}';
	$headers = array('Content-Type:application/json');
	$conn = curl_init();
	curl_setopt($conn, CURLOPT_URL, $url);
	curl_setopt($conn, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
	curl_setopt($conn, CURLOPT_POSTFIELDS, $request);
	curl_setopt($conn, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1);
	curl_setopt($conn, CURLOPT_POST, true);
	curl_setopt($conn, CURLOPT_HEADER, false);
	curl_setopt($conn, CURLOPT_HTTPHEADER, $headers);
}elseif($shorturl){
	$url .= '&shortUrl=' . $shorturl;
	$conn = curl_init();
	curl_setopt($conn, CURLOPT_URL, $url);
	curl_setopt($conn, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
	curl_setopt($conn, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1);
	curl_setopt($conn, CURLOPT_HEADER, false);
}else{
	echo "error";
	exit;
}
$ret=curl_exec($conn);
echo $ret;
curl_close($conn);
exit;
?>

 
Javascript

//短縮するとき
var m={'longUrl':対象URL};
ajax_get('action.php', m, when_get_shorturl);

//元に戻すとき
var m={'shortUrl':対象URL};
ajax_get('action.php', m, when_get_longurl);

function when_get_shorturl(data){
	var m=eval("("+data+")");
}

function when_get_longurl(data){
	var m=eval("("+data+")");
}

function ajax_get(cgi_path, param, finish_func){
	var httpObj = createHttpRequest();
	if(!httpObj)return;
	var str=get_post_param(param);
	if(str!="")cgi_path+=('?'+str);
	httpObj.open("GET",cgi_path, true);
	httpObj.onreadystatechange=function(){
		if(httpObj.readyState == 4 && httpObj.status == 200){
			var data=httpObj.responseText;
			finish_func(data);
		}
	}
	httpObj.setRequestHeader('Content-Type','application/x-www-form-urlencoded; charset=UTF-8');
	httpObj.send();
}

function get_post_param(param){
	if(!param)return "";
	var a;
	var str="";
	var m;
	var b;
	for(b in param){
		str+=b+"="+encodeURIComponent(param[b]);
		str+="&";
	}
	str=str.substring(0,str.length-1);
	return str;
}
function createHttpRequest(){
    var x=null;
    if (window.XMLHttpRequest)return new XMLHttpRequest();
    try {
        return new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP");
    } catch(e) {
        try {
            return new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");
        } catch(e) {
            x = null;
        }
    }
    return x;
}

 

参考にしたサイト
 
Google Code – Google URL Shortener API
http://code.google.com/intl/ja/apis/urlshortener/
 

[facebook]newsfeed reader

とりあえず小手調べです。
認証通してnewsfeedを表示するまでです。
Facebookは機能が多くてアプリを作るのに
かなり時間がかかりそうです。

newsfeed reader

参考にしたサイト

Facebook開発者 参考資料
http://developers.facebook.com/docs/

コーヒーサーバは香炉である – [Facebook]Facebook アプリ作ろうぜ (その1 準備編)
http://www.madin.jp/diary/?date=20101016

「そん」の気ままなLOG – facebookで携帯認証確認する方法-2
http://sonkunt.blog26.fc2.com/blog-entry-473.html

[Google Analytics]EventTracking And Data Export API

また地味なAJAXでGoogle Analytics
Google Analyticsでログを取って、Data Export APIでログを取得するテストです。
ページビューなどはログとして反映されるまでに24時間かかるようですが
「ボタンを押した」などのイベントは10~30分で反映されるようです。
よって即時反映させる必要が無い、予算も無いというときに使えるかもしれません。
PHPはこちらのサイトのクラスを使っています。
Google Analytics API class for PHP
http://www.askaboutphp.com/63/google-analytics-api-class-for-php.html

Google Analytics EventTracking And Data Export API

参考にしたサイト
Google Analytics トラッキング コード
http://code.google.com/intl/ja/apis/analytics/docs/tracking/home.html

Data Export API
http://code.google.com/intl/ja/apis/analytics/docs/gdata/home.html

Google Analytics API class for PHP
http://www.askaboutphp.com/63/google-analytics-api-class-for-php.html

[twitter]reply counter ver2

あなたが誰に何回ツイートしたか調べます。OAuth認証バージョン。
最近フォローした100人まで、過去3200ツイートまで調べることが出来ます。
OAuth認証なのでツイート非公開の人も使えます。
逆に自分以外のIDは使えません。 -> 速攻で修正。friendのIDなら使える。
前回のものより正確。※Twitterのサーバの調子による。
前回のものよりサーバに優しい。

reply counter ver2


[twitter]twitterクライアント作った

OAuth認証ってどうやるんだろうと思い、OAuth認証の勉強のついでにtwitterクライアントを作りました。
普段twitterを使うときはmonkeyflyというアドオンを使っているのですが
タブを追加すると重いのが不満でした。
というわけでなるだけ描画が軽くてマルチタブ出来るクライアントを作りました。
制作期間6日で作ったので何か不具合あるかもしれません。

※7/20 twitterサーバに障害が発生しておりログインできません。
詳細:http://status.twitter.com/
直ったみたいです。

[update] 7/23 セッション、クッキーまわりを修正。
[update] 7/27 不具合を修正。safari5に対応。
[update] 7/28
暫定的にTwitpicタイムラインに対応。
TwitpicにTwitterと同じIDでアカウントを作ってある場合「+」にTwitpicが現れる。

[update] 8/2 「more」の不具合を修正。
[update] 8/6 誰宛か明確にした。
[update] 8/9 後回しにしてた諸々を実装。
[update] 8/11 色々改装。IE8に対応。「retweet_by_me」に「undo」を追加。
「@somebody」を追加。reply tracerの機能を実装。

[update] 9/15 こっそりTwitpicTLの不具合を修正。
[update] 10/28
「@somebody」「Twitpic」廃止。
モバイルに対応。見た目を細かく修正。

[update] 11/08
押し間違いやすかったretweetをツイート下部へ。
favoriteとかretweetとか出来ない不具合修正。
bookmarkをfavoriteへ。

[update] 11/17 リツイート系にdetail追加。誰がリツイートしたかわかる。

WindowsXPの下記のブラウザで動作を確認しました。
Firefox3.6
Google Chrome5.0.375.99
SRWare Iron4.0.280
Safari5.0

「sign in with twitter」をクリックすると
twitterのサイトにリダイレクトされるのでアプリケーションを許可してください。
上部の「+」から追加したいタブを選択してください。
上部のauto updateの値が自動更新の間隔です。0にすると自動更新はしません。