ヘンリー・フォード(Henry Ford, 1863年7月30日 – 1947年4月7日)はアメリカ合衆国出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者である。
工業製品の製造における大量生産の方式を開発し、自動車が大衆に普及させるのに多大な貢献をなした。

カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。T型フォードは、世界で累計1500万台以上も生産された。この生産台数を可能にしたのは流れ作業による大量生産技術であり、これにより、販売価格を低く抑えながらも販売数量を拡大することにより企業利益を確保するという考え方を実現できるシステムを構築した。1908年の発売当時、富裕層相手の手作りの自動車が3000 ドルから4000ドル、同クラスの他メーカーの自動車でも1000ドル近い価格であったのに対し、T型フォードは850ドルの低価格であった。この大量生産方式は他の工業生産にも応用され、20世紀の工業社会を可能にした。

因みにトーマス・アルヴァ・エジソンとは、友人であった。フォードは1967年、エジソンは1969年に、それぞれ自動車殿堂入りをしている。
(Wikipediaより抜粋)