経済協力開発機構(けいざいきょうりょくかいはつきこう、英:Organization for Economic Co-operation and Development、略称OECD)はヨーロッパ北米等の先進国によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。本部はパリに置かれ、公用語は英語とフランス語。市場経済を原則とする先進国によって構成されているため、「先進国クラブ」 あるいは「金持ちクラブ」 とも呼ばれている。

以下の3つを目的としている(OECD条約第1条)。
・経済成長:出来る限りの経済成長、雇用の増大、生活水準の向上を図ること
・開発:経済発展途上にある諸地域の経済の健全な拡大に寄与すること
・貿易:多目的かつ無差別な世界貿易の拡大に寄与すること
(Wikipediaより抜粋)